トレードスタイルを決定 - 元為替ディーラーによる初心者のためのFX入門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードスタイルを決定

デイトレードがおすすめ

FXのトレードスタイルは大きく次の4つに分けられます。

初心者の方には、相場変動によるダメージが少なく、勝率を安定させて収益のブレを少なくしやすいデイトレードをおすすめします。

1.スキャルピング
わずかな利幅を狙って、数秒から数分単位で売買を繰り返すトレードスタイル。
メリットは、小さな値動きでも短時間で利益を出せる、長時間売買ポジションを保有しないので相場急変によるダメージを受けにくい、小さな利益を確定してゆくので勝率が高くなりやすいなどがあげられます。
デメリットは、一回の取引の利幅が小さい、常に相場にはりついてレートをチェックする必要があることなどがあげられます。

2.デイトレード
一日に一回もしくは複数の取引を行って、利益を細かく積み重ねるトレードスタイル。
取引は基本的にその日のうちに終了させ、翌日に持ち越さない。
メリットは、スキャルピングと同様ですが、指値注文(あらかじめ約定レートを指定して出す注文)を活用すれば、スキャルピングのように常に相場にはりついている必要はありません。
また、小さな損失幅で常に損切り注文をいれることをルール化しておけば、相場の急変時に大きな損失をだすこともありません。

3.スイングトレード
数日から数週間で取引を終了させるトレードスタイル。
メリットは、取引期間がデイトレードより長くなるため、より多くの利益機会が期待できることです。反面、その裏返しになりますが、取引期間が長くなることにより、その間のレートの変動が大きくなるのでリスクも高まることがデメリットとしてあげられます。
銀行のディーリングルームでも、スイングトレード担当のディーラーがもっとも収益を上げ続けるのが難しいといわれています。
意外に思われるかもしれませんが、プロの世界では、「為替ディーラーに3日先のことを聞いてはいけない」という言葉があります。
期間が長くなればなるほど、先のことはわからなくなる、そして、為替ディーラーがいかに短期の取引に徹しているということが理解できますね。

4.スワップトレード
スワップポイントの獲得を目的に、数か月から数年もの長期間にわたり、高金利通貨の買いポジションを保有し続けるトレードスタイル。
安定的にスワップ収入が得られるように思われがちですが、金利や為替レートの変動により日々、スワップポイントの幅は上下します。
また場合によっては、スワップポイントの受け取りと支払いが入れ替わることもあります。
さらに、為替レートの変動よって、高金利通貨の買ポジションから発生する損失が、受け取るスワップポイントの合計を上回ることもあります。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。