取引金額を決める - 元為替ディーラーによる初心者のためのFX入門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取引金額を決める

取引金額を決める

取引金額を決めるには、一つの取引でいくらまで損して大丈夫なのかを考えることから始まります。

資金管理をしっかりと行うためには、損切りは不可欠です。初心者の方が、新規に取引を行い、売買のポジションを建てたときには、必ず損切り注文をいれてください。

たとえば、ドル/円でドルの買いを1ドル=80円00銭で建てるとすると、同時に相場状況やテクニカル・ポイントなどに合わせて50銭ドル安・円高方向の79円50銭に損切り注文をいれます。

口座に10万円の資金があって、この取引で1万円まで損がでてもよいということなら、1万円÷50銭=2万ドルが、この取引での取引金額になります。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。