損切り注文の重要性 - 元為替ディーラーによる初心者のためのFX入門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切り注文の重要性

損切り注文は必ずいれる

外国為替市場では、損切りがきっちりとできるかできないかがプロとアマチュアの違いであると言われています。

取引を行うと、為替レートが当初の見込みと反対に動いて損失が発生することはよくありますが、「どうせ、また戻るから大丈夫」などという思い込みで損切りをためらうことは禁物です。

2008年秋の「リーマンショック」では、多くの投資家が損失を計上しました。その理由は、それまでの円安相場に慣れきっていた多くの投資家が、「また戻るだろう」との甘い見通しのもと、損切りができなかったからです。

初心者に段階の投資家が陥りやすいパターンとして、それまでコツコツと積み上げてきた利益を、損切りを入れなかったことにより、たった一つの取引で全て吹き飛ばし、マイナスへと陥ってしまうことがあげられます。

これを避けるためには、売買のポジションを建てると同時に、損切りの注文をだすことをしっかりと習慣づけることです。

そして、為替レートが損切り注文に接近しても、注文水準を為替レートから遠い水準に変更するとか、損切り注文そのものをキャンセルしたりしてはいけません。

損切り注文を当初想定したものよりも損失が拡大する方向に動かす、もしくはキャンセルするということは厳禁です。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。