強制ロスカット - 元為替ディーラーによる初心者のためのFX入門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制ロスカット

強制ロスカットはあくまで安全ネット

証拠金をもとにレバレッジを掛けた取引を行うと、相場に急激な変動があった場合、予想以上に大きな損失をこうむる場合があります。

そのため、一定割合以上の損失が発生した場合、投資家の意志とは無関係に強制的に反対売買をして損失を確定させ、損失を証拠金内におさめる仕組みが、強制ロスカットです。

ただ、「損切り注文の重要性」で触れたように、安全ネットとしての強制ロスカットはあるものの、基本的には、損切りの水準は投資家自身が決定するものだと思います。

重要なことは、売買のポジションを建てると同時に損切り注文を入れ、自分で確実に損切りを実行することで、損失が膨らんで強制ロスカットが発動されることは避けるべきです。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。