米本国投資法(Homeland Investment Act): 米国経済 - 元為替ディーラーによる初心者のためのFX入門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米本国投資法(Homeland Investment Act): 米国経済

米投資法(HIA)

2004年10月に成立した、米国内への投資を促進させるための限時法。
米国の多国籍企業が、海外子会社で得た収益を親会社に配当として還流させる際、その資金が米国内での再投資に使われる場合に限り、法人所得税率を従来の35%から5.25%に引き下げるもの。
優遇税率は、2005年に限定して適応された。
多くの米多国籍企業が同法を適用したことにより、2005年には、ユーロ/ドルなどで大きくドル高が進んだ。
オバマ政権でも、同法導入の可能性が検討されている。

2005年のユーロ/ドル・チャート
2005年のユーロ/ドル・チャート
※クリックするとチャートを拡大できます。


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。