高レバレッジは危険? - 元為替ディーラーによる初心者のためのFX入門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高レバレッジは危険?

高レバレッジは危険?

FXのメリットとしてあげられるレバレッジですが、FXに対する誤解の中で、もっとも大きいもののひとつが、「高レバレッジ=危険」という認識です。

証拠金や、レバレッジの表示方法は、FX業者によって様々です。

現在、個人の投資家は、25倍のレバレッジまでの取引が認められていますが、大切なポイントは、「実質的なレバレッジ」つまり、実際に持っているポジションと、口座の証拠金残高との比率で考えることです。

たとえば、ある投資家が使っているFX業者の口座のレバレッジが10倍だとします。そして、1ドル=80円のときに1万ドルのポジションを持ち、口座の証拠金残高が80万円なら、実質的なレバレッジは1倍です。
口座残高が40万円なら、実質的なレバレッジは2倍です。

このように、FX業者が提供するレバレッジとは、「どれほどの証拠金で取引ができるのか」という資金効率を示すものとしてとらえるべきであり、大切なのは、「実質的なレバレッジ」で考えることなのです。

為替レートの上下動にともなうリスクは、その取引高の大きさにかかってくることは言うまでもありません。つまり、25倍の口座で持った1万ドルの取引と2倍の口座で持った1万ドルの取引のリスクは同じであり、ドル/円ならば、ドル/円レ-トが1円逆方向へ動けば、損失はどちらも1万円です。

問題となるのは、高レバレッジの口座=資金効率の良さを利用して、ポジションを大きくもってしまう、つまり実質的なレバレッジを上げてしまうということなのです。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。